確実に痩せたいなら皮下脂肪を落とす|ダイエット成功への道

夫婦

美容と健康増進のために

青汁

一日に必要な野菜

私達がよく健康に良いから飲むといわれている青汁ですが、そもそも青汁は何からできているのでしょうか。青汁とは、緑黄野菜をしぼった汁のことをいます。そのため、ミネラルや食物繊維を多く含んでいるといった特徴があります。また、野菜は加熱したりすると栄養分が逃げてしまうといわれていますが、青汁は、そのまま飲み物や粉末にしているため栄養が逃げなく、効果が絶大であります。また、近年の日本は、欧米化に伴って食生活が乱れているといった傾向があります。このようなことも青汁を飲むことによって防ぐことができるのです。そもそも人間は一日に350gもの野菜を摂取しなければならないのですが、青汁を飲めば一杯で一日に必要な野菜を摂取できるのです。

含まれている成分

では、青汁に含まれる緑黄野菜とはどのような野菜なのでしょうか。まず、最も多いのが、ケールです。ケールは、皮膚の粘膜を丈夫にするベーターカロチンや睡眠ホルモンを促進するメラトニンや、抗酸化作用があるビタミンCなどが多く含まれています。それから、大麦若葉も多く含まれています。大麦若葉には、骨や歯を丈夫にするカルシウムが含まれているほか、SOD酵素が入っています。SOD酵素とは、動脈硬化や糖尿病を予防する効果が期待でいるといわれています。また、酵素は人間の体の中で作ることが難しいといわれているため、食品から摂取できるというのは非常に好ましいことです。他にも、よもぎ、明日葉などが含まれていて、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。